Service利用規約

 

1                 eServiceとは)

.eServiceとは、東京都文京区に本社を有する日本オーチス・エレベータ株式会社(以下「オーチス」という。)と保守契約をしているエレベーター・エスカレーターの点検履歴・専門技術員による対応状況・稼働状況などをウェブサイトOtis.com(以下「Webサイト」という。)を通じて提供するサービス(以下「本サービス」という)のことをいう。

 

 

2条 (利用者規約)

1. 本eService利用規約(以下「本規約」という。)は、オーチスが本サービスの利用に関して、次条の規約に従い利用登録を完了した者(以下「利用者」という。)に対して適用されるものとする。

2. 利用者は、本規約のほか、本サービスに関してオーチスが随時定める注記事項を遵守するものとする。

 

3条 (利用登録)

1. 本サービスの利用登録(以下「利用登録」という。)は、オーチスと点検契約を締結している契約者、または契約者または管理者が申請することができるものとする。

2. 利用登録を希望する者は、本規約を承認の上、オーチス所定の方法によりオーチスに申請を行うものとする。 本規約にご同意いただけない場合、本サービスを利用することはできないものとする。

3. オーチスは、前項の規約に従い申請した者のうち、オーチスが利用登録を承認した者に対し、利用者を特定する番号(以下「ID」という。)を付与し、これを通知するものとする。

4. 前項に定めるオーチスによるIDの付与および通知ならびにその後の申請者によるパスワードの登録をもって、利用登録手続が完了するものとする。なお、パスワードは、オーチス所定の方式に従い申請者が任意に指定できるものとする。

 

4条 (サービス)

1. 利用者は、本サービスを利用する場合、IDおよびパスワードを入力することによりWebサイトにアクセスするものとする。オーチスは、IDおよびパスワードの一致を確認することによりアクセスした者を利用者本人とみなすことができるものとする。

2. 利用者は、本規約の内容にしたがって、前項に定める方法に従いWebサイトにログインすることにより、本サービスを受けることができるものとする。

 

5条 (利用者の管理責任)

1. 利用者は、自己のIDおよびパスワードを厳重に管理するものとし、第三者に知られないようにしなければならない。また、利用者は、自己のIDおよびパスワードの使用および管理について一切の責任を負うものとし、そのIDまたはパスワードを用いてなされた一切の行為について、自己が行ったものとみなされることを承諾する。

2. 利用者は、IDまたはパスワードが第三者に使用されたことによる利用者または第三者の損害については、利用者の故意過失の有無にかかわらず、オーチスは一切責任を負わないものとする。

3. 利用者は、自己のIDまたはパスワードが使用されたことに起因または関連してオーチス、オーチスの従業員、パートナーもしくは契約業者または第三者に対して損害を与えた場合は、自己の責任においてその損害を賠償しなければならないものとする。

4. 利用者は、eメールアドレス等オーチスに申請した登録内容に変更があった場合、または自己(契約者の場合、承認した代理人を含む)のIDもしくはパスワードが第三者に無断使用されていること、もしくはその恐れがあることが判明した場合、直ちにオーチスに対し所定の届出を行うものとする。かかる届出がないことにより利用者または第三者に不利益や損害(直接損害、間接損害、特別損害、結果的損害、逸失利益その他の損害を含む。以下単に「損害」という。)が発生した場合には、オーチスは、その責任を負わないものとする。

5. 本サービス内で提供される情報(利用者に関連する個人情報を含む)は、所有者または管理者が変更された場合においても当該建物の情報として保存され、変更後の所有者または管理者に提供されるものとする。

 

6条 (利用者の禁止事項)

1. 利用者は、本規約に基づき有する地位または権利を、第三者に譲渡し、担保に供しもしくはその他の処分を行ってはならず、また第三者をしてかかる地位または権利を行使させてはならない。

2. 利用者は、本サービスの利用によって取得した情報を私的範囲内でのみ利用するものとし、オーチスとの契約に定める場合を除き、第三者への刊行、頒布および提供を含む一切の商業的利用をしてはならない。

 

7条 (知的財産権等)

1.本サービスに含まれる情報および本サービスに含まれる著作権、商標権、営業秘密その他の知的財産権等は、すべてオーチスに帰属するものであり、利用者は、これらの権利を侵害し、第三者による侵害を惹起し、またはそれらのおそれのある行為をしてはならない。

 

8条 (解約)

1.利用者はログイン後に連絡要求フォームより解約依頼を送信することにより解約手続きを行うこととし、当該解約手続きの完了をもって、当該サービスの利用契約が解約されるものとします。 

9条 (本サービスの利用登録抹消)

1.オーチスは、利用者が次のいずれかに該当する場合、利用者の承諾なくしてその利用登録を抹消し、利用者のIDを無効とし、または利用者による本サービスの利用に制限を加えることができるものとする。

 (1) オーチスとの点検契約が解約された場合

 (2) 本規約に違反した場合

 (3) 利用登録に関し虚偽の申請をした場合

 (4) オーチスとの点検契約もしくは本サービスの利用に際し必要とされる債務支払または義務の履行を行わなかった場合

 (5) 他の利用者によるWebサイトの利用またはオーチスによるWebサイトの管理を妨げた場合(Webサイト上の情報に何らかの改変を行うこと、Webサイトのうち不特定または多数の者によるアクセスが意図されていない部分にアクセスを行うこと、Webサイトのコードを複製すること、システムの脆弱性を試すこと、セキュリティもしくは認証システムを破ることおよび有害なコンピュータプログラム等を送信または書き込むことを含むがこれらに限られない。)

(6) 1年以上ログインされていないことが確認された場合

(7)登録されたメ−ルアドレスにオーチスが案内メールを送信した際、未受信であることを確認し、弊社より申請書記載のその他の連絡方法により受信可能なメールアドレスの再登録を要請したにも関わらず要請後1か月以内に受信可能なメールアドレスの再登録がなかった場合

(8) 法令の違反その他オーチスが不適当と判断した場合

 

10条 (利用者に対する通知)

1. 利用者は、利用登録の申請にあたり届け出たeメールアドレス(第5条第4項に従い届け出た変更後のeメールアドレスも含む。以下単に「eメールアドレス」という。)を、オーチスが利用者に対する通知や情報提供を行うために利用することを承諾する。ただし、利用者は、オーチス所定の届出をすることにより、オーチスが必要と合理的に判断した通知を除くeメールによる情報提供の中止を依頼することができるものとする。

2. オーチスがeメールアドレスに対して通知や情報提供を行ったことに起因または関連して生じた利用者または第三者の損害について、オーチスは、一切責任を負わないものとする。

 

11条 (個人情報の取扱い)

 

1. オーチスは、オーチスが利用者から取得した情報の取扱いは別紙の “グローバルプライバシーノーティス“に従うものとする。

 

 

 

12条 (免責)

1. オーチスは、本サービスの利用に関し、その内容およびそれに含まれる情報等の完全性、正確性、妥当性、完全性、有用性等についていかなる保証も行わないものとする。また、本サービスにおいてオーチスが採用する暗号技術は、オーチスが妥当と判断する限りのものであり、オーチスは、その完全性、安全性等に関していかなる保証も行わないものとする。

2. オーチスの故意または重大な過失による場合を除き、オーチスは、本サービスの利用に起因または関連して生じた利用者の損害について、一切責任を負わないものとする。

 

13条 (利用者設備)

1.    利用者が使用するコンピュータシステム、ソフトウェアおよび通信機器等の設置に関する費用等は、利用者が負担するものとする。また、利用者は、自己の費用と責任で、任意の電気通信サービスを経由して本サービスに接続するものとする。

 

14条 (本サービスの一時停止・中止・変更)

1. オーチスは、次のいずれかに該当する場合、利用者への事前通知または承諾なくして、本サービスを一時停止または中止できるものとする。

 (1) システム保守その他本サービス運営上の必要がある場合

 (2) 天災、停電その他の事由により本サービスを継続することが困難になった場合

 (3) その他オーチスが必要と判断した場合

2. オーチスは、利用者に対する事前通知または利用者による承諾なくして、本サービスのサービス名称およびサービス内容の追加および変更、廃止をすることができるものとする。

3. オーチスは、本サービスの一時停止または中止に起因または関連して生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとする。

 

15条 (本規約の変更)

1. オーチスは、利用者への事前通知または承諾なくして、本規約を随時変更することができるものとする。この場合、オーチスはWebサイトに公開する等のオーチス所定の方法により直ちに当該変更後の規約を利用者が知りうる状態におくものとする。

2. 利用者は、本規約変更後最初の本サービスの利用をもって、当該変更に同意したものとする。

 

16条 (準拠法)

1.本規約の効力、履行および解釈に関しては、すべて日本法が適用されるものとする。

 

17条 (合意管轄)

1.利用者は、本サービスの利用に関する紛争について利用者とオーチスとの間で訴訟が生じた場合、訴額のいかんにかかわらずオーチスの本社または営業所所在地を所轄する簡易裁判所または地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに同意するものとする。

 

18条(本規約の優越)

1.本サービスの利用に際し、オーチスが別に定める規約、契約その他の合意と本規約の内容が一致しない場合は、本規約の内容が優先するものとする。 

 

 

2019124日改定